<< 予測不能 | main |

猫関係

 

 

外猫フク、元ノラ。推定15歳。

12年前、喧嘩のケガ、去勢から始まって、

これまでご飯とねぐらをお世話させて貰っています。

 

お隣さんは、彼が毎日のように来るのを楽しみにしてくれて、

反対側のお隣さんは朝、散歩に出かける時、

「フク、おはよー!」と時々声を掛けてくれてるし、

近くの幼稚園児や通学の小学生も構ってくれたりしています。

 

 

コロナ騒ぎで人との接触を避けている私。

SNSもあるし、3人家族で適度な会話も出来るので、

これまで不自由は感じなかったけれど、

電車で1時間半のところに住む長男に色々確認したいことが出来て、

それなのに会って話が出来ないもどかしさを、今日は強く感じたのでした。

 

人とたくさん繋がること会うことが、大きな価値であるような

錯覚を起こす今の世の中だと感じている私は、

正直なところ「人と会わなくてよい、会うな!」と言われて、

心のどこかがホッとしているような気もするのです。

 

 

だけど、ちょっとした拍子に

「しばらく会ってない○○さんとお茶でも」と思って、

そうだ!出来ないんだ!と思った瞬間の不自由さに、

どこかモヤモヤしているのも確かです。

 

電話では急かされるし、SNSは沢山書けない、

やっぱり「話す」はどこか違う。

 

 

緊急事態宣言が解除されて、気遣うことなく

友人とランチ出来る日はまだ先。

 

今は家猫3匹、外猫1匹、更に母屋に1匹という無口な猫達に、

静かに慰められている私です。

 

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM